2007年10月09日

市民の声を届け、効果をあげる民主主義のあり方(2)

予定されていた通り、10月2日の国会の開会に伴って国の決定に対するデモンストレーションが行われ、5万人以上が国会議事堂前に集まった。昨年の5月17日のデモはコペンハーゲンだけではなく、ユトランド半島の各地でも同時開催され、歴史的な動員数となったが、それには及ばないものの、今回もかなりの盛況であり、新聞各紙も大きく取り上げていた(10月3日Politiken,Informationなど)。

こうした組織されての大きなデモンストレーションのほかにも、コペンハーゲンの大学生たちが施設のスペースが十分でないことを訴えるために、科学研究省(大学の教育を管轄している)へ引越し用のダンボール10数箱をもって講師と共に出向き、そこでデモンストレーションとして授業を行うなど、さまざまな形で、現状を可視化して訴えることがあるように思われる。

デンマーク在住の人なら、もう半年以上嫌というほど聞かされている「青年の家」Ungdomshusetに関するデモンストレーション(*後述)だが、次第に過激さを増し、近隣に駐車してある車を燃やしたり、店の窓を割って中の酒類を片っ端から盗んでいったりと、本来の目的とは別の形で若者が集まって秩序を乱す言い訳に使っているような動きも出てきており、必ずしも全てのデモが正当な理由であるということは到底言えるものではない。

しかしながら、アナス・フォー・ラスムッセン(Anders Fogh Rasmussen)首相が、1年ほど前に国会議事堂前で行われたデモンストレーションをする人々を「社会主義的な騒動を巻き起こす者たち」と呼んで、批判を招いたが、今日ではデモンストレーションは一般市民の間でも政治的議論の上で主張を伝える手段として受け止められている(Ugebrevet A4 2007年10月8日)。Analyse Danmarkの行った調査によると、59%のデンマーク人が「デモンストレーションは現実の問題や事項に対して焦点を当てるうえで、効果的で、納得のいく方法だ」という質問に「全く同意する」、あるいは「いくらか同意する」と答えたという。そして、この10月2日の国会の開会に於いてのデモンストレーションについては、回答者のうち56%の者が、デモをすることで自分たちの政治的意見を伝えることを選ぶ人々に対して「一般的に共感を覚える」と答えた。

コペンハーゲン大学で、近代民主主義における集団行動の意味について博士論文を出した、レネ・カパンチョフ(Rene Karpantschof)によると、18歳から29歳までの若者のうち、24%が過去2年間のうちデモンストレーションに参加したと回答しており、これは国民全体16%に対して非常に高いといえるという。Ugebrevet A4の行った別の調査では、46%の回答者が、政治家はかなり、あるいはそれなりにデモンストレーションでの市井の声を聞いていると答えており、さらにその上でさらに耳を傾けるべきだと答えているという。しかしそれに対して、自由党や保守党の支持者たちが、デモンストレーションによる意見の表明を無視すべきだと答えている結果も出ており、意見の二極化が指摘されよう。

しかしこれは読みかえれば、デモンストレーションが市民の声を届ける手段として、大きな効果を挙げていることを、反対派の苛立ちから読み取れるとも言え、いまやデンマークでデモンストレーションが民主主義社会の中で大きな役割を果たしていることは、政治家も含めて誰もが無視できない事実となっている。日本の最近に重ねると、9月29日の沖縄での教科書検定への抗議が印象強いが、民主主義社会のデモンストレーションの威力というのは、集団の示威行動として傾聴すべきものであると改めて確認しておきたい。

*注
青年の家Ungdomshuset:1982年にコペンハーゲン市がJagtvej 69に位置する建物を若者に対して使用権を与え、以降、若者たちの居場所として機能してきた。この建物が2000年にHuman A/Sに売られ、翌年、Faderhusetに転売された。7年経ち、法的・政治的な権利は白黒つかないままだったが、2007年の3月1日に若者たちが通りを占領し、ヨーロッパ他国からもデモに参加する者も少なくなく、大きなアクションとなった。その後、Ungdomshusetは警察の警護の下に取り壊されたが、「コペンハーゲンの69箇所の通りの69の番地からデモンストレーションを行おう!」等の呼びかけがあったり、69をシンボルとしてこれまでも頻繁にアクションは行われている。先日、10月6日にはGrøndalsvænge 13に位置する建物を占領し、代替として今後使おうというデモンストレーションが行われ、436人が逮捕されたばかりである。
タグ:民主主義
posted by Denjapaner at 02:19| Comment(0) | 民主主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。